TOP >病院と接骨院との違い

レントゲンでは見落としがちな異常
交通事故でケガをした場合、まず病院や整形外科ではレントゲン検査をして症状の外観を確認します 整形外科では骨折や腫れなどの所見を発見することができ、骨折がある場合は非常に有効だと言えます しかし骨の周りを支える筋肉の緊張や神経の損傷などを判断することは難しく、患者様であふれ返っている病院では細部まで触診することができないため、簡単な処置で済まされてしまいます。 そのため、治療を続けていてもつらい症状がなかなか改善されないことがあります。
整骨院と整形外科の違い
交通事故のケガの治療法は、症状に合わせて適切に使い分けることが大切です。 整形外科では、レントゲン、MRI、CTといった画像検査で判断し、直接の患部が見つかれば外科的治療や投薬を用いた治療をします。 しかし、むち打ちや腰痛などの筋肉や神経に異常がある場合、画像検査では確認できません。 また、一時的に痛みを抑えることはできても、薬では対症的に痛みを和らげるだけでなかなか根本的な解決にはなりません。 当院では患者様とのコミュニケーションを大切にしながら、直接筋肉を触り、筋肉の状態からその症状を把握することによって、改善のための治療を行うことができるのです。 これは多くの経験から為せるものであるため、まさに専門分野ならではの治療法と言えます。 画像検査では異常がないのに、徐々に痛みが現われ、頭痛や倦怠感などの症状があるという方は整骨院での治療をおすすめします。
病院では「異常なし」の診断、でも痛い
整形外科での診断は「骨に異常なし、捻挫だね」 電気治療と湿布と痛み止めを出されて通院するもなかなか改善がみられない。 これは骨そのものではなく、筋肉や神経とのバランスに異常があるため改善が遅くなるのです。 整骨院では、整体による矯正やマッサージ、電気治療、アイシング、鍼灸を総合的に用い、筋肉と神経と骨のバランスを整えていきます。 例えば、あなたが首を寝違えたとします。 整形外科を寝違えで受診した場合、湿布薬の処方だけで帰されることが多いですよね? これでは何日も痛いままです。そんな経験ありませんか? 寝違えを整骨院で治療した場合、手技によってすぐに痛みが取れるのをご存知でしょうか よく寝違えたといって市販の湿布を使い、何日も痛みを我慢する方がいますが、お近くの整骨院に赴けばすぐにでも根本的な治療を行って頂けるはずです。 寝違えも立派な外傷なので、当然ながら健康保険適用の治療となります。 このように整骨院では投薬ではなく、手技によって根本的な痛みを取り除き、自然治癒力を高めるため、投薬などでは改善されないむち打ち等の症状にも高い効果があります。
新生堂総合整骨院は厚生労働省認定交通事故治療院です。
新生堂総合整骨院は厚生労働省認定交通事故治療院です。 整形外科と同じように自賠責保険の適用によって窓口での負担は0円になります。 経済的な負担がありませんので安心して治療に専念することができます。 また、治療を受けている他の院からの転院や、病院との併院も可能です。 交通事故の後遺症に悩まれている方、整形外科(病院)の治療で改善しない方はぜひお気軽にご相談ください
Gallery

ページトップへ

Copyright(C) 2016 青葉交通事故むちうち治療.comAll Rights Reserved.