TOP >交通事故にあってしまったら

交通事故現場での対応
すぐに警察へ連絡し、事故現場の状況、ケガ人の有無などを伝える。
交通量が多い道路では交通の妨げになるので、可能であれば車の移動をしてください。 また、相手の運転免許証を見せてもらい、氏名、住所を確認することは必須です。
自宅と携帯の電話番号、勤務先の電話番号(名刺があればもらう)などを確認し、車両ナンバーも控えると良いでしょう。

また、後日争いになった際の証拠となりますので写真を撮っておきましょう。 記憶はどんどんあいまいになって行くので必ず事故現場の痕跡、ブレーキ痕、壊れた自動車などの部品等、加害車両、被害車両の写真を撮っておきましょう。

その後、加入している保険会社へ連絡をして事故にあったことをお伝えください
現場検証
交通事故証明書の申請
警察へ届出をしていないと交通事故証明書の発行がされません。
事故に遭ったら、まず警察に電話しましょう。大きな事故ではないので、という自己判断はしないようにしましょう。 警察への届出を怠ると、保険会社に保険金を請求する際に必要となる「交通事故証明書」が発行されます。 事故の大小に関わらず、加害者には届出の義務がありますが、加害者が届出をしないことがあります。必ず届けるようにしましょう。 その際、届け出警察署と担当官の名前はメモしておきましょう。

他府県でおこった交通事故についても、最寄りの自動車安全運転センター事務所で申請できます。
病院の診察を受ける
交通事故の衝撃は、身体に大きな負担がかかります。
事故直後は緊張状態にあるため、痛みなどを感じない場合がありますが、
時間の経過とともに痛みや不調が現れ、重いケガだったということがよくあります。
もし交通事故にあったら、必ず病院で医師の診断を受けましょう。

救急車で運ばれるようなケガなら当然ですが、後日診察を受ける場合でも人身事故の取り扱いにしていないと治療費などの支払いが受けられなくなります。 事故直後は興奮しているため、症状が出ない方がいますが、必ず当日のうちに受診しておいてください。

たとえその日は何の症状が出なくても、後から何らかの症状が現れることは往々にしてあります。 軽微な事故に見えても後で体に異常が出た・・・などということはよくあることです。
病院
整骨院で治療
交通事故の治療で一番大事なことは「早期に治療を開始すること」です。
気になる痛みや身体の不調、ほんの少しでも違和感がある場合は今すぐにご相談ください。
重大な後遺症を残さないためにも、迅速な行動が大切になっていきます。
新生堂総合整骨院では、事故の衝撃による筋肉の緊張やゆがみを整え、一人一人の症状に合わせた治療を行っています。
伝統東洋医学と現代西洋医学を組み合わせた独自の手技療法で、根本から改善します。

当院は厚生労働省認定交通事故治療院ですので 整形外科や病院と同じように自賠責保険の適用によって窓口での負担金額は0円です。 経済的な負担がありませんので治療費を気にすることなく安心して治療に専念することができます。
また、治療を受けている他の院からの転院や、病院との併院も可能です。 お気軽にご相談ください。
整骨院
Gallery
Gallery

ページトップへ

Copyright(C) 2016 青葉交通事故むちうち治療.comAll Rights Reserved.